スキップしてメイン コンテンツに移動

taobao輸入にはsuperbuyを使うようにした という話

superbuyとは

 ここです

簡単に言うと各種あるtaobao輸入代行のうちの一つで、フルで英語なのとpaypal含む各種決済方法に対応できるのが大きな違いです。

以下の方にオススメ

  • 中国語ができないけど英語はまあまあできる
  • paypalが使いたい
  • 日本で使える輸入代行頼んだんだけど送料高くない?と思っていて他の輸入代行を試したい

使い方

  1. superbuyを開く
  2. ”Search with product name or product URL” にtaobaoのアイテムURLを貼る
    • tmallでも可
    • 自作ケース探し勢におなじみのcaseendだとケースのページの左下にリンクがあります
  3. オプションを選んで買う
    1. 機械翻訳なので結構読みにくい。が気合いで読む
    2. このときはwarehouseに届くまでの送料分しかかからない
  4. Warehouse(中間倉庫)に届く
    • ここで重さが測られるので輸入に伴う送料がかかる
    • 商品の写真をつけてくれたりするので写真を見て確認する
    • 写真を撮ってくれた人にチップを送ることもできる。チップなので本当に任意
    • この時点ではwarehouseに置いておくと家賃という名目でお金が請求されるようになるので注意
  5. 送料を払う
    • warehouseメニューから発送処理を行う
    • 発送業者を選んで送料を払う。
    • emsを全体的に推奨しているのでemsがおススメ
      • EMS Packet Preferential Lineってのがあって数ドルで高速配達してくれるのでこれを使うのがいいです(トータル8日で届いたこともあり)
  6. 数日すると配送番号が送られてくるのでまったり見守る
    • 自分はAftershipっていうアプリをよく使ってます
  7. 荷物が届く
    • この時点で送料が重量から推測される送料より安かった場合、返金処理が行われます。「Account Balance」を参照
    • この返金されたお金を使ってsuperbuyでの次の買い物にまわすことも可能

ほかの輸入代行をやめた理由
  • 送料が安い
    • EMSがマジで安い
    • まあアリエクよりは高いのでアリエクにあるものはアリエクで買おう
  • 早い
    • 上記の最速で注文→到着までのトータル8日が早すぎる
  • paypalが使える
    • 銀行振込オンリーとかはちょっと実用できない

 以下、トラブルシュート

川崎の税関で止まってるっぽいんだけど?

週末祝日に荷物がつくとこうなる傾向が高い。お役所仕事だから仕方ない。
ほとんどのケースではそのまま届くと思うので平日でも進まなかったら税関に電話だ

中国でwarehouseに返されたみたいなんだけど?

自分もあったので書くと、AとBのセット品を頼んだ時にはじかれた。向こうも大量の荷物を見ているのでざっくりしているとはじかれるっぽい。
対策としては、返品理由が書いてあるので、その品物だけEMSを使わずに送ってみる。自分がやったときはAとBのセットをEMSで送ってかえってきて返品理由が「Bに入っている物質があやしいかも?」みたいな理由であるときに、AはEMSで送ってBはDHLで送るようにしたらいけた。デメリットとして送料は数倍になる。EMSが安すぎてDHLがまあまあ高いのでインパクトがでかい。

コメント

このブログの人気の投稿

Ryzen 5800Xが熱すぎる話

Ryzen 2700Xに代わって5800Xを導入したんですが、結構な頻度でCPUファンが高回転になることがあります。 CPU温度を見ると77度くらいいってるのでファンコンが暴走してるとかではなくてただ高温になっているだけのようだ。 ちょっと調べたいのでRyzen Masterを入れてみる。( DL元はここ ) で、 開く。 ツール内で軽くload checkができるみたいなので流してみましたが4.7Gくらいまではカジュアルに上がって温度が79度まで上がりました。これはやべえ いろいろ調べたところ デフォで動かすとすぐ熱くなる 簡易水冷が必須で、 こういう評価の高いやつを導入するのがいい 負荷かかるとすぐOCしちゃう 4.5Gが定格なんじゃね?っていうレベルで上がる(定格は3.8) OCしない定格近辺で動かすのが性能も十分高く高温になりにくいという話 ダイが1個なので熱いのでは。5950Xは2個 5600Xは1個なので、5600Xのガワに2コア追加で突っ込んだため結果として熱源が集中するのでは、という推測 というところまでわかりました。 今は水冷を突っ込む予算は控えてるので定格近辺で動かすという作戦をとってみます マザボのPBOを有効にする(BIOS)  ASUS B550Mの場合はAI Tweaker -> Precision Boost Overdrive : [enabled] で保存。 再起動してRyzen Masterを開くとPBOが変更可能になります 見方としてはPPTが最大消費電力で、なのでこの場合395WまでOCしまくるぜっていう設定ですね。カタログTDP105Wなんですが・・・w TDC/EDCについては正確なリファレンスが見つからなかったのでここでは名言を避けます。わかったら追記する だいたい最低との中間程度にしたかったので  PPT 250 TDC 120 EDC 150 にしてみます。負荷をかけてみたところだいたい4.5G程度で頭打ちをするようになりました。 70度までは上がるけどそれ以上はあまり上がらなくなったのでこれで様子見をしてみることにします。いうて70度なのでファンは結構回るし下げたほうがいいかもとは思っているが安定して動くのも大事なのであまりデフォから逸脱した値にしたくないという気持ちもありつつ あと夏場になったらもっと設定を

Valhelsia 3 + mTxServ 書置き

 Valhelsia という minecraft modpackを遊んでみることにします。本当はMC Eternalが入れたかったんだけど Twitch Windows Appからうまく入らないので今回はValhelsia 3 を試します。 Twitch windows app -> MOD -> Minecraft Modパックを探す -> Valhelsia 3 1.16 DLは右のほうにある下向き矢印   入れたら戻る プレイ 実はそのままだと重いので起動構成を変更します。「…」の編集 その他のオプションでJVMの起動変数を変える -Xmxが3200くらいになってるけどこれを4000以上にするのがよさそう。 これはJVMがどれだけメモリ食ってもいいかの設定なので自分のPCと要相談。 変更して保存したらプレイ なんやかんやあって起動。ソロプレイならそのまま進めてもOK。 今回はValhelsiaがそのままデプロイできる mTxServ というところでマルチ鯖を立ててみます。 立て方はスクショ取り忘れた。最安のプランで月6ドル弱です 謎の"Incompatible FML modded server" について mTxServで作ったサーバーに入ろうとするとエラーっぽいのが出る。無視しても動く。 調べたところTwitchから入るmodがmTxServ で入るmodより多いから起きているようだ。 Valhelsia 3.0.18では下記のmodを自分のPCから削除することでエラーが出なくなった AmbientSounds_v3.0.20_mc1.16.2.jar cherishedworlds-FORGE-1.16.1-4.0.0.1.jar Controlling-7.0.0.3.jar DefaultOptions_1.16.1-12.0.1.jar enchantedbookredesign-3.0.jar overloadedarmorbar-5.0.0.jar PackMenu-1.16.1-2.1.2.jar ReAuth-1.16-Forge-3.9.0.jar SimpleDiscordRichPresence-1.16.1-1.3.2.jar てなわけで動いた なんだ貴様