スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2012の投稿を表示しています

Linux環境構築

Linuxを入れることにした。Win7と並列で入れることに。 OSはとりあえずのUbuntu。 UbuntuいれるのはインストールISOを UnetBootin でUSBメモリに入れて、LiveCDで起動させてそこからインストールを行う。かなり楽ちん WMは軽さ重視でxfceを入れる。 エディタはVimにしよう。 そこからごにょごにょいじる 途中経過 ときにWin7でQuickrunを入れてみたらうまくうごかなかったので設定を見直さないといかん

なんか転職するときは思い出を長文で書くといいらしいので

オチはありません。だらだらと 現職 現職なんですが、SIの下請けでまったりやってるんですよ。 で、なんというか「これからJavaじゃね?」みたいな風潮が去年はじめから出てきたんですね(今更JavaかよScalaでもやれよとか思いながら聞いていたが、どうやらAndroid開発に本腰入れるらしい) で、Javaに本職入れるぜ!みたいな流れが確実にできつつあるので、この薄給でブラック率が高め(失礼)なJava案件に大量人員投入という流れが見えてきたので、早々に逃げることにしました。 (余談)いままでと、これからのSI  昔はサーバーが高かったので「Excelでちょこちょこっと仕様書いて難しいところは誰かにやらせて俺はサーバーをちょこちょこっと書いて横流し~」っていう稼業が成り立ってたわけですね  で、そこからPaaSなりSaaSのがいきなりくるとそれはどうなるか サーバーが安くなる。要するに学習コストなどの初期コストが安くなる。 てことはソフト屋がサーバー技術つけたらもうサービスができちゃう そんな流れで、今のSIは段々終了へと向かっていると推測しています ここから、SIないしその下請けはこれからどこを目指すか。 一つは上記に書いたような事をする業者になること SIは技術を身に着けて下請けを撤廃すること。 下請けは、上記に書いたようなことができるように営業力や運営力を身に着ける事。 もう一つはモバイルの分野に手をつけていくこと。 SI屋は…無理か? 下請けであれば、AndroidをやるなりiOSをいじるなりでそれなりに技術力があれば売り出す事が可能であるだろう。 ただiOSならともかくAndroidについては、茨の道だろうと思っている。 AndroidソフトはJava開発はともかく機種依存などの壁を取り除く必要があり、難しい。その結果としてブラウザでしか動かないゲームが安定してサービスされているという歴史があるんだろうとも思っている あとどんな道があるだろうか…  どっちにしろ、既存でやっていることではダメになるときにどういったアクションをとるか。外から楽しみに眺めたいと思っております 転職活動 C++やってますよっていうアピールとかF#とかDjangoとか色々見てますっていうアピールをしな

はてブからDiigoに乗り換えた

最近のはてなさんのアレコレがあって、あの対応はないわーって思っていたのと、 はてな自体も正直なところ可もなく不可もなくだよねと思っていたので、はてブをやめることにした。 で、TLではDiigoというサービスがちょっと話題になっていて、調べてみた。 こんな記事 が見つかったので、おおー面白そうじゃんと思い、移行を行う事に決めた 以下、行ったこと 1.Diigoの登録 これはまあてきとーにやれば 2.はてブのエクスポート ここを参考に 、dump.htmを作る 3.インポート Diigoにログインして、一番下の方にスクロールすると 真ん中にこんなのがある。「Import Bookmarks」をクリック 下のほうの「ファイルを選択」から、2.で落としたdump.htmを追加 はてブから追加したことを表記するタグをつけることができる(画面の「hatena」と記入された箇所) 3つ目の「Public/Private」は見たままで、公開か非公開かを指定するものである インポートが終了すると、メールによる通知がきます。 来たら、完了